システムという考え方

近年のコンピューターの性能向上により、今迄人手でやって来た物を随分とコンピューターに置き換えて行く事が出来ましたが、ともすればコンピューターに使われているようなワークスタイルになってしまいがちです。

そこで「システム」という考え方で仕事全体をデザインし、設計・開発していく事で、トータルとしての人間性向上と結果としての省力化を目指しています。

 

高度生産システム

産業用制御装置、生産設備、産業用ロボット等の装置の仕様設計段階からサポートし、ラダーというシーケンス制御専用のソフトの作成から立上げまでを行います。

これらの設計開発に要求されるのは高精度、高品質、信頼性ですが、産業全体を視野に入れた、設計から納品迄のリードタイムの短縮や装置の標準化などきめ細かな品質管理体制で、信頼ある装置開発の実績を持っています。

 

高度情報システム ICT、IoT技術の導入、展開

製品を開発する上で、研究データの収集、分析結果のデータベース化は、企業内情報管理システムとして重要な役割を果たします。装置よりダイレクトに取得したデータを表計算ソフトに変換したり、あるいは、オリジナルのデータベースの活用を可能にしたり、また、ネットワーク技術の構築など、お客様の要望に的確にお応えする充実したサポート体制にも実績を持っています。

ホストコンピューターと遠隔地の制御装置をLAN、NTT回線、インターネット、CATVなどでオンライン接続し、ポンプ、モーターのモニタ表示、コントロール、機器の温度制御、各種入出力センサーの状況、その他処理状況をリアルタイムに収集し、設備監視システムの安全性、正確性を提供し、遠隔地にいながらスピーディーな対応を可能にしています。集中管理システム構築は、環境分野を中心として、あらゆる分野に貢献しています。

生産管理、在庫、販売、購買、原価計算といった情報は日々の業務処理として必須であると同時に、それぞれの情報を統合化する事により「経営情報」としての有効な情報となります。こういった個々の業務処理と、経営情報を有機的に統合するために、トータル最適の生産管理システムを企画・設計・開発する役割を担っています。

 

FA(ファクトリーオートメーション)

制御ソフト設計開発
・シーケンサ、PLC、ロボットなどのプログラミング
・制御盤設計、製作
・ロボットプログラミング、ティーチング
・画像処理

PA(プラントオートメーション)

プラント制御
・シーケンサ、PLC、タッチパネル、SCADAソフト

ICT(情報通信技術)

情報処理
・生産管理システム(生産計画、状況モニタ、実績処理)
・トレーサビリティ
・計測データ収集、トレンドグラフ表示